カテゴリー:不動産市場

  • 売却のベストな時期

    実は1年のうちに、 高く売れやすい時期とそうでない時期があります。 人が家を買おうと思ったとき、 いつまでに入居していたいかと考えます。 仕事でも家庭でも、 区切りがあるタイミングでの引越しを想定します…
  • 災害が発生した後の不動産市場

    防災の日に絡み、 災害と不動産の関係をお知らせいたしました。 そして、火曜日に近畿地方を中心に台風、 木曜日には北海道で大地震と、 西日本豪雨に続き、大災害が発生しています。 台風の被害では、 浸水と…
  • 災害リスクも不動産価格に影響を及ぼします

    今日から明日にかけて大型で非常に強い台風24号が 非常に強い勢力を保ったまま上陸する可能性が高くなっています。 今夜から明日未明にかけて関東に接近・通過するおそれがあり、 大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河…
  • 金利動向による不動産価格への影響

    不動産市場は金融の動向に大きく影響されます。 住宅を購入するに際して、多くの方は住宅ローンを利用します。 ・・年返済、金利・・%で借りて、毎月の返済額が・・・円、 わかりやすい比較が、この返済額と家賃を比べ…
  • オリンピックによる不動産市場への影響

    「不動産価格は東京オリンピックまでは上昇し続け、  オリンピック後に大きく下落する」という、  まことしやかなうわさが流れました。 このうわさについて、 先週、ご売却をご相談されました複数の方から、 見解を…
  • 空き家になったら早めに売却を

    昭和期の一般的な夢は、結婚して、家を買って、クルマを持ってというものでした。その夢を実現するために郊外では、戸建てやマンションが大量に作られました。人口が爆発的に増加した高度成長期には、供給される地域が都心からどんどん離…
  • 加速する住宅過剰社会への対応

    南柏駅から弊社までのバス通り沿いに、食品会社の倉庫がありました。解体工事が始まったと、防護柵に設置された看板を見ると「共同住宅」という用途とマンション業者の名が記載されていました。 弊社から徒歩5分程度のところに、…
  • これだけの危機的状況でも政治や行政は無知無関心

    何かの前触れなのか、販売部数を伸ばすための煽りきじなのか、先週、今週と、不動産市場の危機的状況を特集した記事が、多くの週刊誌に掲載されました。各誌が取り上げた特集記事の概要をご紹介させていただきます。 ■週刊新潮2…
  • まだ買うな!不動産(週刊エコノミスト)

    公示地価、基準地価、路線価など、毎年、不動産に関する指標が発表されると、それに呼応して経済誌を中心に不動産の特集記事が掲載されます。 今年の公示地価が発表されると、先陣を切って週刊エコノミストが「まだ買うな!不動産…
  • 通勤25分圏外の「勝つ街、負ける街」

    週刊ダイヤモンド(平成30年1月29日発売)に郊外の住宅地に関する特集記事「通勤25分圏外の「勝つ街、負ける街」」が掲載されました。 記事紹介文「いま、郊外が危ない。人口減少と少子高齢化の荒波が刻一刻と首都圏や関西…

ピックアップ物件

  1. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  2. 価格:3,490万円 所在地:千葉県船戸2-2-2 交通:つくばエクスプレス柏たなか駅より徒歩8…
  3. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
  4. 都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 価格:2,780万円 所在地:千葉県松戸市古ヶ崎3-3442-10 交通:常磐線北松戸駅より徒歩…
売却の窓口
ページ上部へ戻る