カテゴリー:不動産市場

  • 負動産、死有地、ゴーストタウンから逃れるために

    不動産を負動産、私有地を死有地、と、良いか悪いかは別として、良い得て妙な言葉が定着してきました。 現在、朝日新聞で「負動産」をシリーズで特集しており、本日の週刊現代は「死有地」の特集記事が掲載されておりました。 …
  • 基準地価の内容を鵜呑みにしてはならない

    平成29年基準地価が発表されました。これだけ地域差、個体差が生じてくると、発表内容の概要にはあまり意味がなく、個々に不動産を考えていかなければならない。 近年の公示地価、基準地価の傾向は、「利便性が高い地域は価値が…
  • 家にも修繕と点検の意識を日頃から

    運転席側のドアに、サァーと擦り傷を作ってしまいました。戸建ての売却査定にお伺いした際、目的地までの道中での狭い道にて、庭からはみ出した庭木の枝葉に擦れてできてしまったもので。下手に自信をもって行けると判断してしまったミス…
  • 資産価値が落ちづらい不動産とは

    格差、二極化、勝ち組負け組など、どの分野でも明確に評価が分かれるようになりました。不動産市場でも同様の傾向になったと言われるようになって、今ではそれが当たり前のように定着しました。 社会問題となっている「空き家の増…
  • タワマン暴落から始まる下落連鎖

    前々から言われていて目新しい話題ではありませんが、週刊現代にタワーマンションの暴落に関する特集記事が掲載されましたので、ご紹介させていただきます。 見出しは「全国民必読 中国人「タワマン爆売り」で不動産大暴落が始ま…
  • 相続税対策から貸家が増えても

    地価には実勢価格(時価)の他、公示地価、基準地価、固定資産税評価額など目的により複数の地価が存在するという不思議なことがありますが、そのうちの一つである路線価が国税庁より発表されました。 2017年は全国の標準宅地…
  • 人手不足の売り手市場、家余りの買い手市場

    来春卒業予定の大学生を対象にした採用面接が先週解禁されたというニュースが流れていました。人手不足を背景に売り手市場(学生優位)の状況になっています。 NHKの番組では、若い女性が2人、双眼鏡でオフィスビルを眺めてい…
  • 空き地・空き家が増加する現状の自己防衛策

    2017年版の土地白書によると、空き地の面積は10年間で1.4倍に増えた。空き地は、相続・贈与で取得した世帯が約7割に上り、このうち約3割が「今後も空き地のままにしておく」とのこと。 自治体を対象にしたアンケートで…
  • 不動産を放棄することはできない

    今、空き家の増大が問題になっております。管理が行き届かない建物は朽ち果て、周辺に被害を及ぼしそうな危険な状態になります。先日、地元の南柏駅近くで、線路を越える陸橋から見える小規模ビルが朽ち果てていて、気になっていたら、「…
  • マンションの現状と未来

    AERA(20170529)マンションを守る「ルポ:無関心でボロボロに」「築20年以上がお得」」「大特集:マンションを長生きさせる」を読みました。 マンションの抱える問題や今後の展開、マンションの買い方を幅広く網羅…

ピックアップ物件

  1. 価格:780万円 所在地:柏市南増尾4-16-3 交通:常磐線 南柏駅 バス9分 徒歩5分 面…
  2. 価格:1,970万円 所在地:千葉県鎌ケ谷市南鎌ケ谷一丁目4-23 交通:新京成線鎌ケ谷大仏駅よ…
  3. 価格:2180万円 所在地:千葉県松戸市岩瀬125番6 交通:常磐線/松戸駅 徒歩12分 専有…
  4. 価格:2,380万円 所在地:千葉県柏市小青田2-1-2 交通:つくばエクスプレス/柏たなか駅 …
  5. 価格:4,180万円 所在地:千葉県柏市船戸二丁目2-2 交通:つくばエクスプレス柏たなか駅より…
売却の窓口
ページ上部へ戻る