カテゴリー:不動産市場

  • マンションの現状と未来

    AERA(20170529)マンションを守る「ルポ:無関心でボロボロに」「築20年以上がお得」」「大特集:マンションを長生きさせる」を読みました。 マンションの抱える問題や今後の展開、マンションの買い方を幅広く網羅…
  • 売る、貸すを考えるなら立地が重要

    土地を1,500万円で購入し、3,000万円の注文住宅を建築し、さらに購入諸経費が土地建物併せて500万円で、購入総費用5,000万円の戸建てがある。その住宅を、親の事情(介護など)で、新築してから2年後に売却することに…
  • 競売予備軍(潜在)が溜まってきているかもしれない

    アパートが建ちすぎてしまい、空室率の上昇とともに借入金返済で苦しむ、アパート建築会社とのトラブルも増加していることは、日常的で珍しくない状況になってしまいました。 内閣府のレポートにて「国内の賃貸住宅の新規着工戸数…
  • いくら穴を埋めても水が流れ続く限り決壊は続く

    2010年以降、人口の減少が始まり、年々、空き家が増加しているにもかかわらず、都心部では高層マンション、郊外では建売住宅、さらに、低金利と相続税対策のタイミングが重なった貸家の建築が、いつになく活発に行われています。 …
  • マンションはリスクで、戸建ては惨状。

    昨日発売された週刊東洋経済20170128号の特集「マイホームが負動産になる、持ち家が危ない」、副題「自宅が売れない!団塊の悲鳴。ジャングル化する郊外住宅地。リスクいっぱいのタワーマンション」で使われている言葉です。 …
  • 林立するタワーマンションは大丈夫?

    東京スカイツリーから眺めると、東京湾岸を中心に超高層マンション、タワーマンションがずらりと林立していることが手に取るようにわかる。 安く見積もっても5,000万円(下層階?)、眺望が良い住戸なら億単位なのかなと思…
  • 新たな住生活基本計画における住宅ストックへの施策

    我が国の総人口は2010年をピークに、以降は減少していく見通し。2025年までに高齢人口は700万人超の増加に対し、生産年齢人口は1,090万人弱の減少、年少人口も360万人減少する見通し。 これに対し、新設住宅…
  • 買うなら今、売るなら年明け

    米国の次期大統領がトランプ氏になるようです。選挙当日から連日、トランプ氏の報道で埋め尽くされ、築地市場の豊洲移転、東京五輪などの問題は飛んで行ってしまいました。一番ホッとしているのは、石原元都知事と森元総理でしょうか。 …
  • これは押さえておきたい!~住宅・不動産に関わる、使える統計情報~

    国土交通省の「既存住宅ストックの活用による共同住宅の居住水準に関する検討会」第1回目の配布資料から、有用な統計情報が公開されていますのでご紹介します。 この検討会の主旨は、既存ストックを活用した新たなセーフティネッ…
  • 居住面積(広さ)の水準が示されています

    国が取りまとめた住生活基本計画では、居住面積の水準を示しております。 1.最低居住面積水準 単身者を25平米とし、2人以上の場合は、10平米×世帯人数+10平米(2人なら30平米、3人なら40平米、4人なら5…

ピックアップ物件

  1. 価格:750万円 所在地:柏市南逆井1-6-11 交通:新京成線 五香駅 徒歩18分 面積:9…
  2. 価格:1,780万円 所在地:千葉県流山市東深井882-123 交通:東武野田線運河駅より徒歩1…
  3. 2018/5/17

    沼南エリカ
    価格:390万円 所在地:千葉県柏市大井934番2 交通:常磐線/柏駅 バス10分エリカ前より徒…
  4. 価格:4,500万円 所在地:千葉県流山市野々下1-217-9 交通:つくばエクスプレス流山おお…
  5. 価格:2080万円 所在地:千葉県鎌ケ谷市道野辺本町2-12-8 交通:東武野田線/鎌ヶ谷駅 よ…
売却の窓口

カテゴリー

ページ上部へ戻る