カテゴリー:コラム

  • 住宅の大量供給が続くなか考えておくこと

    昨日のこと、仕事でクルマを走らせていると、土日の新築分譲住宅の現地販売が至る所で開催されておりました。 道路上に三角コーン、電柱に捨て看板など、交差点付近では案内板の場所の取り合いで、どっちに行けばいいのかわからな…
  • 地形と自然災害リスクの関わり

    新年に入り、ロシアで歩いていた人が凍死するほどの寒さになり、アメリカは大寒波に襲われ、日本でも日本海側では大雪に見舞われました。黒潮大蛇行が影響しているとも言われ、また、昨年の気候から野菜の価格が高騰しているというニュー…
  • 単身世帯2040年に4割超え

    新年となり、不動産のオンシーズンになったためか、今週の不動産関連記事が多くなっております。 記事の内容を大別しますと、1)人口や経済動向からの先行き不安。2)今後の不動産購入。3)相続、空き家問題。4)その他。 …
  • 販売図面の読み方、裏読み方法

    不動産を探し始め、資料を請求したり見学に行くと、各不動産会社より通称販売図面という「販売資料・物件概要」が手渡されます。この資料の読み方、読み取れる内容の一部をご紹介いたします。 価格が税込か非課税か、不動産の場合…
  • 「そうだ、家を買おう!」となったとき

    毎年、新年は住宅購入の機運が盛り上がってハイシーズンになります。先週末の三連休で、近くの松戸展示場ではクルマが駐車場に入れず、近隣の道路に溢れ出ていました。(なお、イベント目的か住宅目的かは不明) 住まい探しを始め…
  • 「負」動産を「富」動産に変える(週刊現代)

    新年早々、週刊現代に不動産のセンセーションな大特集記事が掲載されました。副題は「土地と家を手放すなら今年が最後のチャンス!」「高く売れる方法を教えよう」。 記事の概要は次の通りです。 1)2019年、不動産バ…
  • 今年は「インスペクションの説明義務化」が始まります

    今年は「インスペクションの説明義務化」が始まります。実施時期は本年4月からとなります。 これが弊社に限らず、不動産業界、そして中古住宅の流通市場にとって、大きなターニングポイントになると思います。 そもそもイ…
  • 中古住宅の買い方選び方

    中古住宅は、立地や広さの他に、築年数や状態の良し悪しが異なり、さまざまな条件の物件が売り出されるので、思わぬ出物があったり、逆に外れがあったりする。 建物の査定も、不動産会社や担当者によって評価方法がまちまちで、建…
  • 耐震診断から耐震補強工事の流れ

    耐震不足、旧基準建物の16%「6強以上」倒壊の恐れ(朝日新聞20171015)より http://www.asahi.com/articles/ASKBG5FTXKBGUTIL01T.html 「1981年以前の旧…
  • かなり重要な空き家問題だが、政治屋は無関心

    少子高齢化に伴う人口減少、世帯数の減少という大きな社会問題がますます深刻化していくなか、空き家・空き地の対策が課題となっているが、選挙でこの問題が取り上げられることはない。 現在820万戸を超える空き家が、今後、2…

ピックアップ物件

  1. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
  2. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  3. 価格:3,490万円 所在地:千葉県柏市船戸2-2-2 交通:つくばエクスプレス柏たなか駅より徒…
  4. 松戸市稔台戸建て
    南東5m道路に接した敷地に南西側に庭を配し、1階はミニキッチンと柔軟な使い方ができる和室の続き間2室…
  5. 都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
売却の窓口
ページ上部へ戻る